事業計画書作成サポート

sp_tel.png
メールでのお問い合わせ

事業計画作成をお考えの方へ

事業計画を策定しておくと、リスクや矛盾点が浮き彫りされるでしょう。
また、従業員が同じベクトルを持つことで、課題やタスクを自ら定められるようになります。マクロとミクロの目標管理を円滑に行うことで、体質強化や資金調達などのメリットが得られるのです。

「税理士法人すばる」がご提案する「トータル設計」

1事業計画の作成手順

基本は「計画を策定したままにしておかない」こと。PDCA(プラン-ドゥ-チェック-アクション)のサイクルを常に心がけておく必要があります。
ここでは一般的な考え方をまとめておくので、インターネットなどを参考にアレンジしてみてはいかがでしょうか。なお、当事務所は、NPO法人の事業計画に自信がございます。

「P」プラン.事業概要の説明
開業動機、事業の目的や熱意、将来的なビジョンなどを明確に記述します。

「D」ドゥ.市場性の調査
事業内容と、顧客あるいは市場のニーズがいかに合致しているのか、具体的な裏付けを基に説明します。
資金計画や設備の内容が補完されていると、より現実味を帯びるでしょう。

「C」チェック.収支計画
開業当初の収支予測と軌道に乗った後の収支予測をシミュレートしておきます。3年スパンの中期と単年度の双方を追うのが一般的です。

「A」アクション.対策
予実の差が大きければ、有効な対策を考えます。
市場ニーズ、サービス価格、流通や展開方法、競合の動きを多角的に検討し、決定打に結びつけましょう。

2資金調達サポート

公的機関からの資金調達
信用度が積み重ねられていない場合は、無担保無保証での借り入れが可能な政府系融資がお勧めです。代表的なものとしては、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)や商工組合中央金庫など。
当事務所では、「中小企業の会計に関する指針」に対応したチェックリストをご提示し、資金調達の支援をいたします。

公的機関からの資金調達
信用度が積み重ねられていない場合は、無担保無保証での借り入れが可能な政府系融資がお勧めです。
代表的なものとしては、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)や商工組合中央金庫など。当事務所では、「中小企業の会計に関する指針」に対応したチェックリストをご提示し、資金調達の支援をいたします。

利用料金のご紹介

事業計画書作成サポート

費用

一式3万円から